[大人の東四つ木] 入店してから待つこと1時間弱。ビブグルマンのお店【うなぎ魚政】で坂東太郎特上うな重を食べてきた!




いつか来たいと思っていたお店にやっとこれました。

四つ木、「うなぎ魚政」です。

このお店、2017年もミシュランガイドのビブグルマンに選ばれ話題となりました。

これだけの実力店ですので、メディア掲載も多数。


  • 東京の観光公式サイトGO TOKYO「郷土料理」
  • dancyu(ダンチュウ)「いまこそ、本当に行ってほしい店があります。」
  • 「東京五つ星の鰻と天麩羅」
  • 「平成版 東京五大」
  • dancyu(ダンチュウ)「丑の日まで待てないあなたに贈る『鰻のう』BOOK」

今回は、7月末の土用の丑の日めがけて予約を取ってみたのですが、ちょうどdanchuへの掲載もあり予約はとれず、やっと今回行けることとなりました。






場所は、京成四ツ木駅の駅目の前。

とてもきれいな店舗ですが、数年前にこちらに移転してきていました。

店内は座席40席程度。奥には仕切ることのできる6名用個室がひとつあります。

今回のお目当ては、坂東太郎特上。

魚政は、入店してから鰻をさばきます。

ホームページにもこう書かれていますね。
特注活鰻(とくちゅうかつまん)は、活きのいい鰻をご注文いただいてから割き、串打ち、白焼き、蒸しの工程を経て、紀州備長炭にて丁寧に焼き上げるため、調理には最短でも40分ほどのお時間をいただいております。

(混雑時にはご提供までに40分以上のお時間がかかりますのでご了承ください。)

お待ちいただいている間に、割きたての「肝わさ」と「骨せんべい」を一尾分お出ししております。これが割きたての証です。割きたての鰻を提供している当店は、一切の作り置きをしておりません。

特注活鰻は鰻の素材を生かした調理方法だと考えていますので、鰻の旨みや香り、食感などを味わっていただけます。ぜひ、美味しい鰻をご賞味下さい。

はじめに、骨せんべいと肝わさがやってきました。

これが割きたての証拠!

骨は軽い塩味で揚げてあります。

骨、ふとーい。

肝も大きい。

坂東太郎ってどれくらい大きい鰻なんでしょ。

ぐぐってみたら、こんなかんじなんですね。


えさが違うみたいですね。

ふつうの鰻はブラウンミール(青身魚)で育てていますが、坂東太郎はホワイトミール(白身魚)に生鯵のすり身を餌にしているのだそうです。

この骨と肝が来てからまつこと1時間弱。

さすがに食べ終わっちゃってましたが、じっと待ちます。


じゃ~ん!

やってきました、坂東太郎特上。

香ばしいタレの香りが、焼き立ての坂東太郎からあがってきます。

食欲をそそります。

なにしろ1時間弱待ちましたから。


柔らかい身。

お箸を入れただけでほぐれていきます。

肉厚の坂東太郎と固めに炊いたご飯のハーモニー。

口に運ぶと、鰻のうまみとあぶらが絶妙。口の中ですぐになくなっていきます。

はじめのうちは、「いい香り~」「おいしぃ」なんて言っていたのですが、次第に黙々と食べるようになります。

味が言葉を失わせます。

言葉では表現できないうまさ。

完敗でした。

次回いつ来れるかわかりませんが、また食べたいですね~



うなぎ 魚政うなぎ / 四ツ木駅八広駅
夜総合点★★★★ 4.2
関連ランキング:うなぎ | 四ツ木駅八広駅

コメント