スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月 9, 2017の投稿を表示しています

[大人の四ツ木] お気に入りのラーメン屋さん【中華麺家まんまる】で特製ベジ豚骨魚介つけ麺を食べる

久しぶりに来ました。

もともとラーメンはあまり食べないのですが、ここのラーメン屋さんだけはリピーターになってしまいました。

四ツ木は戦後、浅草などの都心部から葛飾に入る入り口でもあり、人口が密集した土地でした。

商店街も活気があったようですが、駅の高架化と近くにイトーヨーカドーができてしまったことで、四ツ木の駅周辺はあまり元気がありません。

まんまるは、四ツ木駅からこの四ツ木商店街を抜けたところにあります。


ファサードもいい雰囲気ですね。


店頭にメニューがありますが、もちろん店内のテーブルにもありますよ。

ラーメンにしようか、つけ麺にしようか、いつも迷うのですが、本日はこの「特製ベジ豚骨魚介つけ麺」にします。

特製ベジ豚骨魚介つけ麺 名前からして、全部入りっぽいですよね〜。

じゃーん

左のつけ汁、「特製ベジ豚骨魚介」であります。一口飲んでみると魚介の香りが広がります。豚骨の重さあるのですが、どちらかというとベジや魚介の影響か、あっさり感があります。

角切りのチャーシューやワンタンが入っています。

右の麺、お皿が大きい。直径で25センチぐらいはあります。


麺はやや太め。もちもち感があります。

お皿から大きく、ボリュームがあります。

「大盛りにしますか?」って聞かれますが、私にはものすごい量です。

チャーシューや煮玉子も載っていて、食べ終わったときはもう満腹。

また食べに来よっと。

まんまるラーメン / 四ツ木駅
昼総合点★★★★☆ 4.7
まんまる 関連ランキング:ラーメン | 四ツ木駅

[大人の堀切] 4月14日『有吉ジャポン』に登場した堀切菖蒲園のお店はこちら。

2017年04月14日の『有吉ジャポン』に登場したお店はこちら。

テーマは、町中華
番組によると、堀切菖蒲園周辺の街中華密度は都内屈指だとか!

町工場が多いので、働く人たちの食堂でもあるのですね。

番組では、町中華のチェックポイントが挙がってました。


町中華には、高いところにテレビがあって、ティッシュボックスがテーブルにおいてあるのが定番だとか。

登場したお店はこの2店!

三河屋




番組ではレバニラ炒めを食べていました。

三河屋 関連ランキング:中華料理 | 堀切菖蒲園駅堀切駅

タカノ


番組ではソース焼きそばをお酒にあてにしていました。タカノ自家製のラー油を垂らしていましたよ。そして酢胡椒。これもソース焼きそばにかけて味を変えていました。
タカノ 関連ランキング:中華料理 | 堀切菖蒲園駅堀切駅
葛飾のお店、もっと紹介してほしいなぁ〜。

[大人の立石] 先週も来たじゃん!ということで再訪【邦右衛門】

今回は、立石『邦右衛門』です。

あれっ、先週も行かなかったっけ?

そうなんです。ちょうど一週間前、一人で来ていました。

この『邦右衛門』は、昨年末から行きたくて、先日やっと行けたお店。

出される料理が見た目もきれいで、味も素晴らしく、すっかりファンになってしまいました。

そこで今回は、こちらもすっかりファンの焼肉屋さんの大将を連れて、やってきたわけです。


『邦右衛門』は、先日8日開店三周年を迎えたばかり。

お店の前にはお祝いのお花が並んでいました。


先日の鯖の燻製があまりにもうまかったので、今日も頼んでみました。

といっしょに、チーズの燻製も。

いずれも軽い燻製の香りと香ばしい味。

癖になります。

右上の白い小皿は、柚子はちみつ。チーズにつけると、また違った味わいになります。

お酒が進みますね。


お酒といえば、邦右衛門特製のハイボールその名も『邦ハイボール』がありました。


ウィスキー(ブラックニッカ)ベースの「ひげ」ハイボールと焼酎(キンミヤ)ベースの「下町」。

もちろん「下町」を頼んでみましたよ。

それも、ジンジャー入りの「下町ジンジャー」!!

ちょっと甘めですが、濃すぎずうまい。


お酒がそろったので「筍の竜田揚げ」を頼んでみました。

さくさく揚がっていて、これまたうまい。

右下の小皿は、和風タルタルソース。

和風タルタルは、まさに和風素材。

よくできています。


最後は「厚切りハムカツ」

どのお料理も見た目からきれいで、もちろん食べてもおいしい、『邦右衛門』には、もうすでに「また行きたい」のでありました。



邦右衛門居酒屋 / 京成立石駅
夜総合点★★★★☆ 4.8
邦右衛門 関連ランキング:居酒屋 | 京成立石駅

[大人の立石] 青砥ー四つ木の高架化事業、進んできましたね。高架下に認可保育園作って!

先日、チャリ散歩の途中に、立石駅周辺の線路沿いを見てきました。



昨年12月の工事説明会を終えて、すっかり工事が本格化しているかんじですね。


この写真は、四つ木7号踏切(四ツ木‐立石間の立石駅側から二つ目の踏切:鰹節の大もりさんちの前)の付近ですが、すっかり用地が整備されて側道の位置も確定してますね。



この図は、葛飾区役所のホームページからいただきました。

駅や高架区間によって方法は違いますが、6段階で完成するようになっているのですね。

どれくらいかかるんでしょうねぇ。

工事説明会の質疑応答では、「完成したら駅の下には店舗や公共施設が入る」となっていますが、もともと店舗のなかったところに無理やり店舗を作っても需要が突然起きるとは思えませんので、この際認可保育園作って待機児童の解消をすすめてほしいですね。

葛飾区は2016年待機児童数106名(東京23区保育園マップ)。

都心並みに二桁の待機児童数に持っていけるのでは!?