[大人の新小岩] 新小岩「翠祥」さん。本格的な日本料理をこれだけ食べて破格のコストパフォーマンス!



年末になり、いろいろと慌しくなってきましたね。


バタバタしているうちにもう夕飯の時間!というわけで、「年末だしね」というなんとなく納得できる理由を作って、新小岩の日本料理翠祥さんに妻と一緒に行ってきました。


もう何度もこのブログで紹介しているとおり、翠祥さんは「新鮮な海のもの山のものがリーズナブルに食べれる」お店です。


うちから歩いて10分程度、新小岩駅からも徒歩10分圏内です。


もう旨いとわかっているお店なので、歩きながらも「なに食べようかなぁ」と顔がほころびます。


お店に到着して、まずは本日のおすすめを見渡してみると、いつものようにおいしそうなメニューがずらり。


お酒のお通し(これだけでも立派!)をつまみながら、どれにしようかな~と悩む。




ご主人のいちおし、ぶり大根。うまそう。


大粒の生がき、これもうまそう。  ん、これは注文確定。


天然しまあじ。お刺身も食べたい。


桜海老のかき揚げも捨てがたい。


うーーん。どれもおいしそうで悩む。


もうお店に入って座ってから、なやみっぱなしだ。うれしい悩み。


最終的に選ばれた(笑、

  • 生がき
  • 天然しまあじ
  • 三浦野菜の蒸し物

でスタート!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
おいしいブログがいっぱい



生がき。


大きい!


僕の手の長さぐらいあるから、20センチぐらいはあるぞ。


薬味とねぎとポン酢を乗っけて、一口で食べる。


ふんわりした牡蠣が薬味とポン酢の味に引き立てられて、口の中に海の香りが広がります。


しまあじは、さすが天然。


引き締まった身を口の中に放り込むと、その脂の乗った身と締まった食感が口いっぱいに広がります。


養殖ではない天然しまあじ、なかなか食べられません。



神奈川県出身の私としては、三浦の「地のもの」はなんだか懐かしい気分にもなります。


それに翠祥さんというと「海のもの」のイメージが強いけれど、三浦半島という土地柄、じつは「地のもの」も抜群に旨いのです。


ただ蒸しただけなのに、幸せな気分になる。そんな料理でもあります。


もう少し食べたい気分だったので、「もつ煮」をオーダー。


上品に下ごしらえされたモツに、大根やこんにゃくを合わせて、翠祥さんらしい高いレベルの料理になっています。




妻は最後に大好物の茶碗蒸しを頼みました。


ウニが乗った茶碗蒸し。


最後の一品としてふさわしく、出汁の味と玉子にすんなりウニが絡んでいきます。


私のシメは、出汁茶漬け。


お茶漬けにも種類があるのだけど、今日は明太子で。


温かい出汁の味が、胃に染み渡ります。



大将や女将さんと楽しく話をしながら2時間弱、幸せな時間をすごしました。


これならまたちょくちょく来ちゃいますね。


ごちそうさまでした。



コメント