[大人の堀切] 堀切の隠れ家的日本蕎麦「人と木」で温かいにしんそばを食べる




寒い日が続いています。


こんな時は温かいお蕎麦が食べたいな〜、なんて思っていたら自然と足は堀切菖蒲園駅の駅へ。


今回は堀切菖蒲園駅すぐの隠れ家的日本蕎麦の店「人と木」です。


堀切菖蒲園駅北側の住宅街の中にある「人と木」は、はじめて訪れた時には「この辺にお店あるのかなぁ」と思うような場所でしたが、それがまた隠れ家的魅力なのかもしれません。


この日は寒かったので、日本酒から。真名鶴いただきました。


一緒についてくるこの味噌だけでも飲めるのですが、今回は夕飯時でもありましたので、あてに「蕎麦屋さんの玉子焼き」を。


この4切れ。ちょっと一人分には多いかもしれませんが、おいしいし、お腹すいていたのもあって、箸が進みます。


玉子のふわふわ感とは裏腹にずっしりした玉子焼きです。



玉子焼き食べながら、真名鶴を呑む。


うまいです〜



そしてまた玉子焼きを。



そろそろなにか食べようかな、と思って見ると「なべ焼きうどん」の文字が。


こんな寒い日にはぴったりの料理ですが、せっかく「人と木」に来たのですから、お蕎麦が食べたい。


そう思って「温かいにしんそば」をお願いしました。



運ばれてくるやいなや、にしんの甘露煮の香りがテーブルを包みます。


お汁を飲むと、甘露煮の味が滲み出ていい味になっています。


にしんそばと言えば、江差の横山家が有名ですが、「人と木」のにしんも厚みがあっておいしく煮こまれています。


食べ終わると、体も心もほかほかに。


また来ますね〜〜

人と木
関連ランキング:そば(蕎麦) | 堀切菖蒲園駅堀切駅
人と木そば(蕎麦) / 堀切菖蒲園駅堀切駅
夜総合点★★★★★ 5.0

コメント