[大人の立石] 鳥房で若鶏の唐揚を(叱られながら)豪快に食らう



今年は酉年!


ということで、新年早々立石の鳥房に伺いました。


実は鳥房は初めて。


なにやら「叱られながら食べる」と聞いていたのでちょっとコワゴワ。



鳥房は、立石駅前の区役所に抜ける商店街にあります。


駅からほんの数分。


お店のファザードは昭和のかんじですね。


この店頭で鶏肉も買えますし、トップ画像の若鶏の唐揚もテイクアウトできます。



お店の角の路地に入ると、店内で食べれる入り口があります。


これまた昔スタイルの障子紙のような引き戸。


店内は7席ほどのカウンターと座敷にテーブルが5卓程度。


予約はできないようです。


お目当ては若鶏の唐揚ですが、出るまでに少し時間があるようでしたので、ビールを飲みながら鶏をつまんでみました。


どの鶏も新鮮!


ポン酢で味付けした鶏がとてもおいしかったです。


そしてやってきました、若鶏の唐揚。


もう、そのまんまです。


ちょっと生々しいぐらい。


どうやって食べるの?かぶりつくの?


なんてテンション上って話をしていたら、店員のおばちゃんから


「はじめてなの?そんならそうと言いなさいよ!」

と叱られモード開始。


「これか〜洗礼キターーーー」


とまたまたテンションアップ。


3人で行ったこともあり、


「この人の私がやるから、あんたたちおんなじようにやんなさい、わかった?」


素直に「はい」と言う三人。


「鶏の足のここをもって、こうひっぱる、やってごらん」


えっ、えっ。


おばちゃん、自分の方に鶏を向けているから、こっちからみると引っ張る方向が逆なんだよね。


「え、こっち?」

「ちがうわよ、こっちよ」


そんな叱られ会話を続けながら、やっとの思い出若鶏の唐揚を裂き終わりました。


裂き終わり写真を撮りたかったのですが、なにしろ素手で裂くものですから、手が油まみれで。


この若鶏の唐揚も、とても美味しい。


唐揚げにしちゃうのがもったいないぐらい。


食べながらもおばちゃんに


「おいしでしょ!」


と「おいしいと言いなさい」と言わんばかりの声がかかります。


週末など行列のできることもある鳥房。


この日もお客様ひっきりなしで、食べ終わるとさっと席を立ちました。


正味1時間程度、三人でビールも飲んで一人2,000円。


おばちゃんとのこんなやりとりがあることを前提に、ぜひ行ってみてくださいね。


鳥房鳥料理 / 京成立石駅青砥駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント