[大人の立石] 濃厚なコラーゲンたっぷりの鶏スープが太麺によく合う。具も一つ一つていねいに作られたラーメン「麺屋 黒門」。


なかなかラーメン屋さんが出てこない「大人のかつしか探訪」ですが、今日は立石のラーメン屋さんです。



立石駅から区役所方面に歩いて、ちょっと路地に入るとお店の外面から黒い「麺屋 黒門」があります。場所は宮田ジムの隣、と言ったほうがわかりやすいかもしれません。


お店に入ると、食券を買って注文するシステム。


初めてのラーメン屋さんでは「全部のせ」を頼むことにしているのですが、そんなメニューがなかったので、今日は「濃厚鶏そば」をお願いしました。




まずは、スープ。蓮花で掬った重さでわかるぐらい濃厚な鶏のスープ。白濁したスープは丁寧に作ったことがよくわかる、濃いけどすっきりしたスープ。


麺は太麺。


浅草開化楼の麺だそうです。


浅草開化楼といえば、六厘舎の麺を担当していることで有名ですね。それと、製麺師の不死鳥カラスさんが有名ですね。


コシがあって、スープに負けずにその存在を主張します。食べごたえがあります。


乗っている具材も、鶏、鶏、鶏のオンパレード(死語?)



鶏つくね


鶏チャーシュー


煮玉子


鶏ワンタン


豚チャーシュー(鶏じゃなかったw)


どれも丁寧な仕事がわかる味。一つ一つ割烹料理を食べているような上品な味。これがまた濃厚鶏スープと太麺に合う。


きっと女性にも人気のある味だと思います。


次回はつけ麺食べてみようかな。

クリックで応援して!葛飾区情報ブログランキング

コメント