[大人のチャリ散歩] 晩秋の水元公園で、井沢弥惣兵衛の小合溜井に寄り添う


すっかり寒くなりました。


この秋、自然がいっぱいの水元公園の紅葉を見ていなかったので、今日慌ててチャリ散歩してきました。




私の家から水元公園までは、まさに葛飾区を斜めに横断するかたちとなります。


今日は約10キロの道のりを、ゆっくりと50分程度掛けて散歩しました。


葛飾区は国道6号(水戸街道)が左下から右上に通っていますので、この道を通るのがスムーズなのですが、なにせ交通量の多い国道とその道筋の殺風景(失礼)さが気に入らず、裏道を通りながらのチャリ散歩となりました。


さすがに寒いこの日は、途中でコーヒーブレイクをとりました。前もって買っておいたみのり商店街ぜぺっとさんのコッペパンアオトコーヒーでブレイクです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
おいしい記事がいっぱい!






水元公園は元来、八代将軍吉宗の時代の治水の神様井沢弥惣兵衛が、三郷から亀有のあたりまでの農業用水を確保するために作った、水元小合溜井といわれた遊水地。


いまでは東京都屈指の広さを誇る水郷公園です。


今日はこの小合溜ぞいをチャリでぶらぶら、その先にあるメタセコイア並木の中のベンチでのんびりしました。




コメント