2017年7月21日金曜日

[大人の青戸] 暑い時こそ熱い麺!青戸【龍門】で酸辣湯麺を喰らう!




この日は忙しく帰りが遅くなって、夕飯も食べてなかった。

あまり遅い時間の食事は好きじゃないのだけど、空腹に耐えられず、青砥駅を降りると駅前の中華料理龍門に飛び込んだ。


どうやら10時がラストオーダーだったようで、この日最後のお客さんになった。

じつは今度青戸で夕飯を食べるなら、龍門に行こうと決めていた。

いつもはすぐ隣の新新飯店なのだけど、友人から「龍門の酸辣湯麺はうまし」と勧められていたからだ。


カウンターの上には定番メニューが並ぶ。

コテコテの中華料理屋さんだ。

カウンターもちょっと油っぽい感じがあるのだけど、そこもコテコテの中華料理屋さんらしさを醸し出しているのだろう。

この日はメニューも見ずに「酸辣湯麺!」とオーダーする。






出てきた酸辣湯麺は、どんぶりいっぱいに入っていた。

この料理もともとは酸辣湯だけだったが、日本に伝わってから麺が投入されて酸辣湯麺となった料理。

この日は夜も27度と熱帯夜。

目の前にアツアツの酸辣湯麺。

れんげでスープを飲んでみると、熱くて酸っぱい。でもうまい。

もう一口飲んでみる。熱いけど酸っぱくてうまい。

うーん、もうひとくち。

うまみのインパクトが強くて、スープを飲む手が止まらない。

汗がでる。拭きながらまたスープをのむ。うまい。

麺は中細。

この熱いスープの中、麺も熱い。

汗がでる。

もう酸辣湯麺との格闘だ。

美味いけど暑い。

ひたすら格闘する。

食べ終わった時には満腹感とともに、なぜか酸辣湯麺に勝ったような気がした。気のせいかな。

ここの酸辣湯麺はクセになりそう。

夏のうちにまた格闘しに来よう。

ほかにも青戸の記事がいっぱい

関連ランキング:中華料理 | 青砥駅京成立石駅
龍門中華料理 / 青砥駅京成立石駅
夜総合点★★★★ 4.5

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント大歓迎!