[大人の一丁目一番地(26)] 宝町1丁目1番地に行ってきたよ。宝町にはアノ経営者も修徳高校出身のプロ野球選手もいた。



今回の一丁目一番地は、宝町です。


「宝町」というと、都営浅草線の宝町駅を思い浮かべる人もいると思いますが、葛飾で宝町といえばココ。



現在の京成本線お花茶屋駅の南に広がる

宝町の地名は以前、「宝木塚」という場所でした。


西光寺を中心として、南北に神社(八幡神社、稲荷神社)を構える村です。


東に水量豊かな曳舟川を持つ恵まれた田畑が広がっていたと思われますが、宝町の地番えのエリアの半分ぐらいは、宝木塚村の居住地域だったようです。


現在「宝木塚」の地名は神社にも残っておらず、かろうじて宝木塚小学校に名前が残っていますね。


宝町といえば、「おもちゃのタカラ」ですよね。




先日タカラ創業者の佐藤安太さんの著書を読み、ブログにも書きました


まさに戦後の成長期にビニール産業で飛躍した、時代の波に乗った経営者でしたね。



そして宝町が産んだプロ野球選手といえば、現在中日の三ツ俣大樹選手ですね。


宝木塚小学校ー大道中学ー修徳高校と進学後、甲子園は逃したもののドラフトではオリックス2位で指名された選手です。


プロの壁に悩んでいるようですがまだ24歳です。がんばってほしいですね。

コメント